事務バイトは楽なバイト?それとも専門スキルが必要で難しいバイト?

事務バイトは楽なバイト?それとも専門スキルが必要で難しいバイト?

事務バイトと言えば、一般的にはクーラーの効いた部屋で
バイトができるため、快適な空間で仕事ができることから
楽なバイトではないかと思う方も多いと思いますし、

 

反対に、専門的なスキルが欲しいのだから、
誰でもできる仕事ではない分、大変なバイトだと考える方もいらっしゃいますよね。

 

地方の方だとどうしても、事務バイトの求人は都心に比べて少な目のように
感じますが、事務バイトもバイト求人サイトで探してみたら地方でも意外と見つかったりしますので、
ここで一度、事務バイトに入ろうか迷っている方の参考になる事務バイトに関するあれこれを書いていこうと思います。

 

 

 

メリット

オフィスの雰囲気に慣れることができるので、将来の就職に役に立ちます
オフィスマナーが身につきます
社内の人間関係で勉強になることがあります

 

デメリット

社員の数も多い会社だと指導が厳しい場合もあります
服装髪型メイク自由のところもあれば、制服着用のバイト現場もあります
拘束時間がフルタイムのところが多めです

 

 

まずは、実際に事務バイト経験のある方に事務バイトについて書いてもらった。

事務のバイトは少ないと思っている方も多いかもしれません。でも実際のところは、事務のバイトは多いです。会社によっては事務のバイトで成り立っている、回っている、ということも多いです。会社の職種、産業によっては、週数回でもOKで、夕方から夜20時や21時くらいのような遅い時間希望というところもあります。思っている以上に事務のバイト求人は多いです。データ入力や電話対応だけだと、週数回で出勤時間のシフトも選んで働けるところもあります。

 

事務といっても、データ入力のような単純作業のものから、応接室でお茶出しもしたり、資料作成や接客事務もこなすようなOLらしいものもあります。コピーと単純な入力業務だけという事務もあります。お固く経理事務補助やクレーム対応事務というようなバイトもあるので、事務のバイトはかなり幅広いです。

 

今はネット通販している会社も相当数あるので、そういった業種の事務バイトであれば、週数回程度からシフトの希望の通りやすいバイト生活ができると思います。市場関係の事務バイトであれば、早朝からバイトで昼に帰ることができます。挙げたのは一例ですが、思っている以上に事務のバイトは実際は融通がきく職種のバイトです。

 

私が経験した事務のバイトは、一社目は、コピーと入力業務が主な仕事のバイトでした。社員が席を外しているときは時々、電話対応をしたり来客にお茶出しもありました。バイトなので社員よりも相当遅い時間に出社して、社員よりも早く帰れました。二社目のバイトは電話対応をしながら、資料作成のバイトでした。二社目も同じく時間の融通が割とききました。

 

データ入力やコピーだけが主なバイトの場合、労働時間や週に何回出勤するかなどのシフトも選択できることがメリットです。単純な作業に該当する事務をバイトでやりつつも、オフィスの雰囲気に慣れることができます。社員がスーツを着用するようなオフィスでのバイトをしていると、将来的に就職を考えている人にとって、場慣れするということができると思います。バイトしている会社ではなく、違う会社に就職を将来するにしても、オフィス系のバイト経験があれば、面接のときにも緊張を少しでも軽減することができると思います。

 

事務系のバイトはオフィスマナーも身につくので、社会性も高まると思います。入力だけの単純な事務作業のバイトでも、お客様がくる会社であれば、応接室でのマナーも教えてもらうこともあるからです。

 

事務のバイトは、社内に社員も多くいることもあるので、バイト生活をしながら、そこから「本当の社会」というものが見えることがあります。そういった経験は、人生のなかでも役に立つし、将来どこかに就職をしたときにも必ず役に立たせることができます。社内恋愛にしろ、人間関係のかけひきにしても、社会というものを肌で間近で感じることができます。

 

デメリットとしては、バイトの現場に社員の数も多いということもあるので、社員からの指導が厳しい場合もあります。そこは会社によって大きく変わるので、一概にそうだと言い切れるものではないので、あくまでそういうこともある、という程度です。会社が変われば、ゆるいということもあるからです。ゆるいどころか、髪型服装自由の事務のバイトもあるので、ここだけはバイト先によるという部分が大きいです。

 

制服着用の事務のバイトもあります。逆に服装髪型自由、髪の色も自由、ピアスもネイルもOKという事務バイトもあるので、事務のバイトはかなり幅広いです。飲食店のバイトよりも出勤スタイルが会社によって幅広く、会社ごとの裁量によるのが事務のバイトの身なりです。飲食店など、衛生に関わる仕事よりも、事務バイトは会社によって、意外にも自由です。

 

服装が自由であれば、お金がかかるし、制服着用は堅苦しい嫌だという人もいるので、そこは個人による部分です。服装が自由にしても、制服着用があるにしても、事務のバイトは、そのまま社員になりませんか、という話しが来ることも多いので、そういう部分もメリットです。

 

事務のバイト経験から感じたことは、大人の世界の社内恋愛、恋愛模様、人間関係を見れたことです。社内の複雑な人間関係やら、グループやら派閥、学閥といったものまで見ることもできたのは、良い経験になりました。

 

 

 

結論としては、楽ではないけど高時給。そして責任が伴う。

勿論、仕事に絶対的な楽はないし、責任が伴わない仕事もないのだけど、
他の仕事と比較した場合に、事務バイトというのは比較的大変なバイトのよう。

 

でも、体力的にあまり自信のない人でも問題ないのは大きいかもしれない。
(長時間、過酷な労働であれば、体力勝負かもしれないけど)

 

でも、大変で責任が伴う分、時給も高めだし、専門的なスキルも身に付くから、
学生バイトとしては一度はやっておきたいおすすめのバイトなのかなと管理人のミスタージョブは考えてます。

 

ちなみに、管理人も吹けば飛ぶようなIT業界で働いていますから、
ある意味、日々パソコンと会話しているような毎日だし、それにやりがいも感じているのですが、
これは学生時代からずっとパソコンで仕事をしてきたという経験があってのことなんですよね。

 

もし学生時代にパソコンで仕事をしていなかった場合、今の自分はないだろうし、
どんな仕事をしていたのかも検討もつかないですが、自分の経験したバイトや仕事で
後の人生を大きく変えるということは何も珍しいことではないから、バイト選びはとても大事だなーと日々思ってます。

 

まあ、アルバイトなんて色々な職種を経験してなんぼみたいなところもあるので、
まずは一度試しに事務バイトも経験してみるのもありかもしれないというのが、
この記事の結論になります。^^

 

 

 

 

 

 

関連ページ

梱包作業と販売のバイト(野菜や果物)は単純作業バイトだけど、意外と楽しいバイトかも?
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
駐車場管理のアルバイトは暇だから楽なバイトなのか?その真実に経験者が迫る!
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
治験バイトは高時給と求人広告でよく見かけるけど、実際のところは?
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
テレフォン市場調査のアルバイトに関する生情報!マイナーバイトだからこそ価値あるお話
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
座談会のアルバイトは楽しいバイトだからおすすめ!ただ安定的な収入は見込めないから副業程度に。
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
事務バイトでサーバー管理は高時給でスキルアップもできるのがおすすめバイトポイント!
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
北海道リゾートバイトを経験者が語るリゾートバイトのメリットとデメリット!
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
校正バイトを短期バイトで経験したら結構勉強になった話
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!
道路の警備員のバイトは学生バイトにもフリーターにも人気のバイト!
高校生や短大生、専門学校生、大学生のあなたにピッタリのおすすめバイトをMr.ジョブがこっそりご紹介します!